Python 3 エンジニア認定実践試験対策12. データ圧縮、アーカイブと永続化

投稿日:

更新日:

カテゴリ:

Pythonのgzip, zip, tar, pickleについてです。

出題範囲によると、この章は出題なしですので、簡単にまとめます。

要点

テキストの「12 データ圧縮、アーカイブと永続化」の内容について、自分なりにまとめた要点は以下です。
ご参考になれば嬉しいです。

余談

テキストでは、gzipとzipそれぞれのモジュールについて紹介されました。

これをきっかけに、これまで意識していなかったgzipとzipの違いが気になりました。参考1がよくまとめられる気がしますが、簡単に言うと、gzipはlinuxの形式、zipはwindowsの形式という理解でいい気がします。

結局どっち使うの?というと、linuxにzipコマンド入ったら、zip使うといいではないかと思います。zipインストールされていないとすれば、tar+gzipの組み合わせを使えばいいと思います。

 

もう一つ面白いと思ったのは、次のようにgzipモジュールをコマンドラインで実行できるところです。

python3 -m gzip -h

解凍するコマンドはこうなります。

python3 -m gzip -d spam.txt.gz

参考

    1. 【zip,gz,tarの違い】コマンドで簡単にgz,tar形式を圧縮及び解凍する方法まとめ【ファイルやディレクトリも可能】

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です