Python 3 エンジニア認定実践試験対策11. ファイルとディレクトリへのアクセス

投稿日:

更新日:

カテゴリ:

Pythonのファイルとディレクトリへのアクセスについてです。

単一のファイルならpathlib、再帰的に操作するならshutil、一時ファイルなら分かりやすくtempfileを使えばいいかと思います。

要点

テキストの「11 ファイルとディレクトリへのアクセス」の内容について、自分なりにまとめた要点は以下です。
ご参考になれば嬉しいです。

余談

  1. テキストでは、「PurePathクラスのメソッド」のように紹介してますが、例えばis_absolute()のサンプルコードでは次のようなります。
    >>> from pathlib import PurePath
    >>> p1 = PurePath('/spam/ham/eggs.txt')
    >>> p1.is_absolute()
    True

    このis_absolute書き方では、Javaで言うなら、クラスメソッドではなく、インスタンスメソッドというべきだと思います。

    ただ、Python的にはこのメソッドをクラスメソッドというなら、それに合わせるしかないと思いますので、上記要点整理の図ではテキストに合わせてクラスのメソッドと記載してます。

  2. Pathクラスの主なメソッドについて、unlinkというメソッドがあり、名前からシンボリックリンクを解除するものかと思いきや、ファイルを削除するメソッドでした。

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です