Python 3 エンジニア認定実践試験対策8. 日付と時刻の処理

投稿日:

更新日:

カテゴリ:

Pythonの日付と時刻処理についてです。

日付と時刻処理に必要と思われるもののクラスや属性、メソッドが一通りあります。

拡張モジュールdateutilにあるrruleは面白いです。日ごとや週ごと、月ごとなど繰り返しルール設定してあげれば、その分の日付をdatetimeで返してくれます。
テキストにも紹介されたように、カレンダーアプリでは使えそうですね。

 

要点

テキストの「8 日付と時刻の処理」の内容について、自分なりにまとめた要点は以下です。
ご参考になれば嬉しいです。

余談

日時の差を扱うtimedeltaについて、オブジェクト生成は引数は以下です。

timedelta(days=0, seconds=0, microseconds=0, milliseconds=0, minutes=0, hours=0, weeks=0)

順番はめちゃくちゃの気がしますが、なんでだろう~


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です